ブログ - 星川淳 INNERNET WORKS

【感想文】『宝の海をまもりたい 沖縄・辺野古』

【感想文】『宝の海をまもりたい 沖縄・辺野古』
いんやくのりこ(現代思潮新社)
http://www.gendaishicho.co.jp/search/new.html
 
3.11直後に沖縄本島へ移り住んだ著者が、沖縄の現在に色濃く影を落とす戦中・戦後の過酷な経験はもちろん、琉球独自の歴史や文化に身近に触れながら、いま最も重要な辺野古の問題を掘り下げたユニークな体験記。
 
近年、パワーポリティクスや地政学的な視点から辺野古への米海兵隊基地移設計画に切り込む良書は少なくありませんが、出版・編集経験者としてそれらの側面はきちんと押さえつつ、随所に著者自身が感受するスピリチュアルなビジョンと、生身の人びとが何気なく体現する沖縄古来の精神世界とを織り交ぜ、現状認識とこれからの展望に独特の深みを与えている点、本書に共感を覚えます。
 
社会正義や環境保護のために辺野古・高江の運動に参加する人も、たとえば著者が聞いた「辺野古の沖には『とても大きな女の神さま』がいて、それは久志岳という山の神さまなのだ」という教えから得るものがあるでしょう。山と海が水系でつながっていることは、そのつながりを土地の単位とするハワイ先住民の「アフプア・ア」という考え方と共通ですし、生態学的認識にもとづくバイオリージョナリズム(生命地域主義)の基礎でもあります。そのひとつながりの中にジュゴンもいるのです。
 
逆に言うと、そのつながりのどこかを壊すことは、地域の自然に根ざした人びとの暮らし、そこから育まれる文化・伝統、そして本当の意味の「幸せ」を壊すことにほかなりません。本書にそう書いてあるわけではないのですが、著者は基地問題の本質をそのようなまなざしで語っていると読み取りました。
 
琉球弧北端に位置する島で30数年暮らしてきたぼく自身、ここから北へ向かって、沖縄の人たちがヤマトゥと呼ぶ本土日本と、南へ向かって沖縄(ウチナー)とを見比べ、著者の言葉に頷きます。
「政治が中央集権に流されず、文化がショービジネスにのみこまれないとき、沖縄には郷土に根をおろした、内発的な生きる力があります。一人ひとりが力をとりもどす可能性のひな形が、沖縄にはあります。トラウマに向き合うことで人は精神的な成長をとげるように、沖縄のいまを直視してこそ、無関心と思考停止という、現代日本の病を癒せるのではないでしょうか」
 
(注記:ただし、基地を含め沖縄に現出している問題の多くが本土日本人の政治選択の責任ですから、自分の足元で日本社会を変えることが沖縄の人びとに対する最大の連帯だと思います。)


イロコイ感謝決議(米連邦議会両院共同決議76)

イロコイ連邦をはじめとする北米先住民の民主社会が、アメリカ合州国の建国と、世界初の成文憲法である合州国憲法制定に知られざる貢献をしていたことは、20世紀後半から少しずつ検証が進んできましたが、まだトンデモ説扱いされがちです。合州国憲法制定200周年の節目にアメリカ連邦議会に上程・採択された下記の両院合同決議は、そうした疑念を払拭するのに十分ではないでしょうか。この決議の提出と採択には、ハワイ州選出のリベラル派日系政治家として活躍した故ダニエル・イノウエ上院議員が尽力しました。タイトルに「政府間関係」とあるとおり、合州国とインディアン諸族が政府同士として結んだ外交条約は原則的にいまなお有効で、イロコイ連邦はその立場をもっとも強く維持した米国内の準独立国です。以下は米議会公式文書の星川による私訳です。United Statesを「合州国」と表記するのは、より正確で実態を反映した訳語と考えるからです。

合州国第100連邦議会
「合州国憲法成立に対するイロコイ連邦の貢献を認め、憲法で定められたインディアン諸部族と合州国との政府間関係を追認する両院共同決議案76号」
(1987年9月16日上程、1988年10月7日採択) 
 
ジョージ・ワシントンとベンジャミン・フランクリンに代表される憲法制定者たちが、イロコイ六邦連邦の諸理念、諸原理、および統治実践を大いに称賛したと知られていることに鑑み、
当初の13植民地が一つの共和制へと連合するにあたり、イロコイ連邦をはっきりと模範にし、同連邦におけるその他の民主原理を合州国憲法そのものにも取り入れたことに鑑み、
(中略)
上院は(下院と共同で)以下、決議する。
1.連邦議会は合州国憲法制定200周年を記念して、アメリカ共和制がイロコイ連邦その他のインディアン諸邦に対し、彼らの開明的かつ民主的な統治原理と、独立したインディアン諸邦による自由な連合の模範から受けた歴史的恩義を認めるものである。
2.連邦議会はまた、憲法に定められ、わが国が歴史的にインディアン政策の基礎としてきたインディアン諸部族との政府間関係を、ここに再確認するものである。
(後略)
 
【英語全文】

http://www.senate.gov/reference/resources/pdf/hconres331.pdf


【英語要約】
http://thomas.loc.gov/cgi-bin/bdquery/D?d100:76:./list/bss/d100SC.lst:@@@L&summ2=m&
 
S.CON.RES.76 Title: A concurrent resolution to acknowledge the contribution of the Iroquois Confederacy of Nations to the Development of the United States Constitution and to reaffirm the continuing government-to-government relationship between Indian tribes and the United States established in the Constitution. (introduced 9/16/1987, Passed in Senate 10/7/1988)
 
SUMMARY AS OF: (9/16/1987--Introduced. )
Acknowledges the historical debt of the United States to the Iroquois Confederacy and other Indian nations for their demonstration of democratic principles and their example of a free association of independent Indian nations.
Reaffirms the government-to-government relationship between the United States and Indian tribes.
Reaffirms the trust responsibility and obligation of the Government to Indian tribes, including Alaska Natives.
Acknowledges the need to exercise good faith in upholding treaties with the various tribes.


「東アジア地球市民村2014 in 上海」開会あいさつ

日本の市民社会活性化の一助に星川が設立し、運営を預かるNGO・市民活動支援基金(一般社団法人)アクト・ビヨンド・トラストでは、助成事業の柱の一つに「東アジア環境交流」を立て、このたび3年間の節目として「東アジア地球市民村2014 in 上海」を成功裏に開催しました。その開会あいさつで語った内容を紹介します。イベント全体については、中国側参加者による下記のレポートをどうぞ。
http://csnet.asia/archives/15748

「東アジア地球市民村2014 in 上海」開会あいさつ201438日)
[事前に準備した文案をもとに、実際に話した内容を反映]
 
一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト(以下、abt)理事長の星川です。「東アジア地球市民村2014 in 上海」に中国から約200名以上、台湾から4名、残念ながら韓国の協力者(複数)は都合がつかなかったものの、日本からも15名以上と、本当に大勢の方々に集まっていただき、ありがとうございます。
 
このプロジェクトは、市民活動を支援する独立した民間基金として2010年末にabtを設立したとき、いまなお冷戦構造が残る東アジアに持続可能な市民同士の交流と協働(コラボレーション)の輪を広げたいと、3本の柱の一つに据えました。他の2本の柱は、強い神経毒性によって昆虫や鳥ばかりでなく人間を含む生物多様性全体に悪影響を及ぼすネオニコチノイド系農薬の問題、そして2011311日の東日本大震災と東京電力福島原発事故を経験した日本人としてめざすべき脱原発・エネルギーシフトという課題です。
 
東アジア環境交流プロジェクトではこれまで、雲南州奥地の三江併流世界自然遺産地域と、同じ世界自然遺産登録地である屋久島とをつないで、エコツーリズムのガイドライン策定など、自然共生型の地域づくりを学び合う相互視察を進めてきました。3年目の節目として、日中だけでなく台湾と韓国にも輪を広げながら、助成金に頼らなくても交流と協働が続いていくような種を蒔こうと考えたのが、この東アジア地球市民村です。abtの助成は文字どおりシードマネーの役割を果たしかもしれませんが、その何倍も人やお金を集め、このような素晴らしい場を実現できたのは、abtがパートナーとした日中市民社会ネットワークの李妍焱代表、そして総合コーディネーターとして大活躍の朱惠雯事務局長をはじめ、熱い気持ちで関わってくださったみなさんのおかげです。
 
今回はまだまだ種蒔きということで「準備ゼロ回」と名づけました。できれば来年は本格的な第1回、さらにその翌年は第2回と、東アジアの各地を回り持ちで恒例化していくことが夢です。それについては、ワークショップの中で、また最終日のまとめの中で意見交換したいと思います。「地球市民村」という名前は、国つまり政府とそこに暮らす人びととはイコールではないこと、そして自然生態系にも環境問題にも国境がないように、私たち市民は同じ地球に生きる生命同士であり、もっと深い眼で見れば人と他の生きものとも基本的に対等であることを意味しています。
 
私たち東アジアの民と血のつながる南北アメリカ大陸先住民は、すべての生命が等しく尊いことを、世界のだれよりも価値観の中心に置いてきました。モノやお金が自然も文化も押し潰し始めた20世紀後半、「母なる地球」という見方を現代人に思い出させてくれたのもアメリカ先住民でした。東アジア地域にも、こうした先住民的な知恵はしっかり根づいていて、少し掘り起こせば新しい形で蘇らせることができるはずです。
 
最後にもう一度繰り返すと、いまなお冷戦構造を引きずり、政府間がギクシャクしがちな東アジアで、市民同士が自然共生をテーマに交流と協働の輪を広げることは死活的に重要です。東アジア地球市民村が、それぞれの地域に根ざした持続可能な社会づくりの知恵と体験を学び合う場になるよう、そして互いを支え、力づけ合う新たなスタート台になるよう――アメリカ合州国建国のとき北米土着の民主主義を教えたと言われる先住民イロコイ連邦に倣い、七世代後のすべての生命(いのち)のために最善を尽くすことを呼びかけて、開会のごあいさつとします!
「東アジア地球市民村2014 in上海」終了時の記念撮影